Exhibition展示案内

展示のスケジュール

S O U T H W A R D

2024.06.05Wed - 06.13Thu

樋口 諒平

季節を通り越して たどり着いた先は南太平洋に 浮かぶトンガ王国

海と緑に囲まれたその地では
何にも縛られず みな生き生きと そしてゆっくり過ごしていた
暖かな風とともに微笑み返す街は 自由であるがままに生きていいということを私に教えてくれた

せわしない日々で見つけた私の園
南へ続く道に自分のあり方を見つけた

something in my sight

2024.06.19Wed - 06.27Thu

増田 智泰

私の写真は簡単にいえば「スナップ」で、偶然出会った風景や物を撮っているように見えるかもしれません。しかしそれには理由があるように思います。

今まで生きてきた中で見聞きした写真や絵画、彫刻、音楽。生活の中で知らず知らずのうちに影響を受けた何気ないもの。そのたくさんのイメージが頭や心や体で選別され、蓄積され、ある風景に出会ったときに自分の意識とは関係なく反応しているのではないか。

それは偶然ではなく必然のように感じます。

私が見ている何かは、
他の人が見ている何かなのかもしれません。

未 完

2024.07.10Wed - 07.18Thu

正宗 浩

Boeing 767、B6が好きである。
カメラを手にしてから、その想いはより一層。
機体全体のバランスが素晴らしい。唸るようなエンジン音もまた素晴らしい。
他のどんな機体よりもかっこよく、美しい。
この機体を撮るために、各地を巡り、海に出て、空を飛んだ。
B6へ、この想いを伝えたい。

新 僕の知らない鎌倉

2024.08.16Fri - 08.24Sat

栗田 尚

鎌倉が変わった...。
正確には、 私の目に映る、 心に感じられる鎌倉が変わった。

それは何十年ものあいだ離れていた幼なじみと再会し、 ゆっくりと時間をかけて語り合ううちに互いを隔てていた見えない溝が埋まっていくようなものだっただろうか。

少年期の記憶と積み重なった時間が生んだ、 かつて住んだ土地への‘人見知り’は
消えてその風景や空や風への愛着が日毎に深まるのを感じている。

記憶の中の過ぎし日の街から、今をともに生きる場所へと変わった鎌倉への私の想いがご覧いただく方に少しでも伝わってくれたらこの上なく嬉しい。